住宅ローン審査

住宅ローン審査

念願叶わず住宅ローンが通らない原因はいくつか考えられ、これらを押さえておくことが審査を通過させるために有利です。住宅ローンが通らない、審査をクリアできない秘密は大きく分けて4つ。 年齢・債務状況・健康状態・返済額の割合を挙げることができます。

まず年齢というのは、住宅ローンを申し込んだ時の年齢ではなく、完済した段階での年齢を表し、一般的には70歳から80歳となっています。 住宅ローンの借り入れ年数と現状での年齢によって、審査に通るか通らないかを予想できます。

債務状況が、住宅ローンとは異なる商品のローンはどれほどあるかが注目すべき部分になります。また、キャッシングやカードローンなどで返済遅れなどの事故を起こしていると、審査が通らないことがあります。何の借り入れにおいても、返済は月ごとにきちんと行っておくことが肝心です。

健康状態についてですが、住宅ローンは長期の返済になりますから、ずっと返済していくだけの健康体かどうかが焦点となります。

最後は返済額。住宅ローンの借り入れの際に入る団体信用生命保険に入ることが叶わないと、審査に通らないかもしれません。住宅ローンの審査で最重要視されるのは、返済額の割合を高くしすぎないことです。

手持ちの資金が少ないと審査が通らないことがあるのは、返済負担率が高くなってしまうからです。返済負担率に関しては、住宅ローンの年間返済額を年間収入で除算し、×100で計算することができます。住宅ローン審査が通らないおそれがあるのは、30%の返済負担率をオーバーしてしまった時です。

なお、住宅ローンとは別の借り入れ金額についても加味しますので、基準としては厳しいでしょう。住宅ローンの審査にあたっての基準は、それぞれの金融機関で別々になっていますので、申し込みに踏み切る前にリサーチしておくことが重要です。

尚、住宅ローンに関しては総量規制の対象となりませんので、他の借り入れがあっても収入に対して返済能力が十分あると思われる場合は審査に通る可能性は十分にあります。また自動車ローんに関しても同じく総量規制の対象外ですが、ローンの総額が大きければ大きいほど、審査が厳しくなるのは間違いありません。住宅購入を考えるのであれば、先に住宅ローンを組んで、その後に自動車などのローンを組むようにしましょう。