住宅ローン審査

年齢の審査

住宅ローンを申し込む場合には、年齢がとても重要になります。この年齢とは、申し込み時の申込者の年齢とローンの支払いが終わる時の年齢が審査の対象に該当します。住宅ローン審査が通らない際に考えられるのは、申し込み時点では未成年のケースや、払い終える年齢が80歳を超えるという場合です。20歳に達していないと、社会的信用が高くないということで審査が通らないわけです。

さらに完済時の年齢が高いということは、返済能力が乏しいと評価されることになります。完済できる年齢が高くなる際には、金額の見直しや融資期間の見直しによって良い場合もあります。決められている年齢制限に関しては、金融機関ごとに異なる基準があります。多くの場合、完済時が70歳から80歳までのあいだで基準が設定されているのですが、75歳を過ぎると通らないことが多いと言われています。

住宅ローンの完済時年齢が80歳までよいとはいっても、できれば定年退職までには全ての支払いを終えたいところです。そして、住宅ローンの借り入れというのは、成人で70歳程度までの人が申し込みできます。

しかし、借り入れの年齢が高くなるほど完済期間が短くなるため、返済するのに苦労するかもしれません。完済時の年齢で住宅ローン審査が通らない場合にも、別の方法があります。これは、親子リレーという借り入れのしかたで、その名の通り親子で支払いをしていくというものです。

親子リレーでしたら、年齢が壁となり審査で通らないケースでも、住宅ローンの契約を交わすことができたりします。条件を満たしている申込者の子どもや親族がいる場合には、本人の年齢制限は解決することができます。一つの条件が基準をクリアできなくても、手段によっては良い結果がもたらされることがありますから、妥協せず探してみましょう。