返済能力で審査が通らない

返済能力で審査が通らない

住宅ローンの審査が通らないのは、返済能力が少ないと考えられたためです。審査基準としては勤務状況を見られることになります。勤務状況というのは、勤務先の規模や経営状態、さらに勤続年数などにより考慮されます。

勤続年数については3年未満の場合、住宅ローン審査が通らない結果が出るケースがあると言われています。ただし、この頃の雇用状況を鑑みて、この他の審査基準にしっかり沿っている場合などに敷居を低くしてくれる金融機関が増加しています。勤続年数が欠けていて住宅ローンの審査が通らないとすれば、外資系の金融機関であれば通るかもしれません。

転職についての見方が国内の企業とは違っているからです。日本企業の場合はひとつの会社に留まることで信頼されるようになりますが、外資系企業は働く場所を移ることがキャリアアップと考えられるのです。自分の勤務状況を見直して、国内か外資系かどちらの金融機関が好ましいのか検討しましょう。

職業や勤務先の企業についての判断基準は透明性があります。一般的に高い信用を誇る弁護士・医師に次いで公務員・会社員の順で審査が通りやすいとされています。会社員のうち、役職付きかそうでないかなどの社内で置かれている地位などにより審査結果が変わってきます。

収入の安定性に欠いていると認識されやすい自営業者は、住宅ローンの審査が通らない結論が出ることが往々にしてあります。また、勤務先の規模も判断基準に含まれます。経営が安定していると見なされる上場企業や、上場していなくても著名な企業であれば審査基準を満たせます。

中小企業に勤務しているということなら、安定性を欠いていない企業だと理解してもらうことが要求されます。働いている企業の資料を用意することが要求されるかもしれません。