返済負担率で審査が通らない

返済負担率で審査が通らない

住宅ローンの審査基準で注目すべき要素に、返済比率や返済負担率を挙げることができます。
両方とも同じ意味ですが、住宅ローンの年間返済額が年収額のうちどれほどの割合になるのか導き出したものです。

返済負担率は30%までがギリギリで、3割5部以上となってしまうと返済条件に満たないということで審査に通らない形になってしまいます。
気を付けなければならないのは、他のローン返済額も合わせて考えられる点です。
驚いたことに実際に利用していなくても、キャッシュカードのキャッシング枠もある割合で加えて考慮されてしまうという死角があるのです。

キャッシング枠の5%分をローンと見なされますので、もし利用していないカードがあれば契約をやめるような対策を講じるべきでしょう。
返済負担率が高くて住宅ローンの審査が通らないかもしれない場合、対策は2つ挙げられます。
年間の返済額を減少させることと、年間の収入を多くする手段です。

年間返済金額の負担を減らす対策には3つの手段があります。
頭金を増額させる、返済期間を延ばす、返済方式の変更です。
頭金を増額させて借り入れ金額を抑えるのは、一番良い方法でしょう。
返済期間を長くして一年ごとの返済金額を減額するのは、支払い総額が増えてしまうデメリットがあります。
元金均等返済方式と元利均等返済方式を照らし合わせてみると、最初の10年間の返済負担率に関しては元利均等返済方式のほうが抑えることができます。

年収額を増やすことで返済負担率を少なくしようというなら、配偶者などの所得も合計する方法をとれます。
収入合算と言ったり、夫婦合算と表現する手段です。
返済負担率を理由として審査が通らないのは、かなり返済が長期に及ぶことについて信頼がないということになります。
基準をクリアすることに心配があるなら、いくつかのケースを予想してみると良いでしょう。