健康で診査が通らない

健康で診査が通らない

健康な体とはいえないという判断がなされると、住宅ローンの審査は通らないと言うことになります。返済が長期間になりますので、そのために必要な体の調子かどうかを調べられるのです。

住宅ローンを利用するためには、団体信用生命保険をかけることが必要になります。団体信用生命保険に加入していなくても住宅ローンに対応できる金融機関も挙げられますが、滅多にないでしょう。団体信用生命保険とは、住宅ローンの支払い期間中に契約者に高度障害や死亡などの不測の事態になったときに残りのローンがなくなるものです。

本人に代わって全額を支払ってもらえるので、ローン残高に苦しめられずに済みます。住宅ローンを貸し付けている金融機関としても、ローンの返済がされない事態は避けられるので安心できると言うわけです。

団体信用生命保険には、加入条件が何種類か用意されています。ひとつに、過去3年以内の手術や2週間以上に渡り医師の治療や投薬を受けていたかどうかについてや、障害が見られるかどうかなどの判断基準が存在しています。さらには、これまでの3ヶ月以内に医師の治療や投薬が行われているケースでは、その内容も加味されます。

これらに該当するときには団体信用生命保険を契約することができず、審査に通らないことも考えられます。それでも、住宅ローンの申込者が高齢の場合もあることから、近年は病気保障付きの住宅ローンも挙げられます。

団体信用生命保険に入ることが不可能となり住宅ローン審査に通らなかったとしても、違う選択肢を検討することにより問題を克服できるかもしれません。それから、連帯保証人を設定することで審査で承認を得られることもあります。住宅ローン審査基準があまり厳しくない金融機関もありますので、諦めずに探してみましょう。