中古物件購入

中古物件購入

住宅ローン審査はローン申込者のみならず、中古の購入物件や新築物件などにも行われます。住宅ローンの審査ができるのは、市街化区域に建つ一戸建てかマンションとなります。

それ以外の区域の物件についてはローンの審査が通らないわけではなく、住宅ローンの対象外になっているということを意味しています。市街化区域以外の区域と言うのは、市街化調整区域と呼ばれています。

山林地帯や農地が市街化調整区域に当てはまり、この区域に家の建設はできません。そして建築基準法などを違反している物件は、住宅ローンの審査に通らないでしょう。建築基準法は、建ぺい率や空き地確保といった項目に関係する決まりなどが色々と盛り込まれています。

これを理解するのは素人では難しいので、精通している人に相談しましょう。中古物件でも住宅ローンが組める場合もありますが、一概に審査基準は言えず金融機関ごとに違います。

金額・返済期間・金利などは新築か中古かで差異が生じることもあります。中古物件が原因で理想とする金額で審査が通らないことが珍しくないので、事前の調査が必要です。

色々な金融機関で住宅ローンを取り扱っていますが、住宅ローン融資の定義が同様ではないので情報を集めると良いでしょう。審査に通るかどうか申し込みを行う前に把握できるケースもあります。

店舗に使用する新築物件・競売物件・土地に限定した購入資金・借地権が設けられている土地に構える物件・リフォーム物件なら、審査が通らない可能性があります。