担保を用意する

担保を用意する

住宅ローン審査は前提として担保を準備しなければなりません。住宅ローンの担保は融資を行うと共に、その物件に抵当権が適用されることで成立となります。抵当権が決められた物件に関しては、住宅ローンが返済できない場合にローンの埋め合わせをすることになります。

これによって、担保物件が受けた評価が低いにも関わらず借り入れ希望金額が高い場合は残念ながら住宅ローン審査に通らない結論が出されます。担保物件の価値が高くない場合には、ローンが支払えない時に担保不足になってしまい、金融機関にとっては赤字になるからです。

新築物件の購入目的で住宅ローンを申し込む際には、大きな心配はありません。面倒なのは、中古物件の購入する時の住宅ローン審査基準となります。低い担保の評価を受けるような中古物件の購入を検討している人で、担保が足りないと、審査が通らない形になります。

中古物件の場合、戸建てだとしても低い評価ですが、マンションはより一層の下落率となっています。戸建であれば土地の価格を含められますから、大きく評価額が変動することはないでしょう。金融機関で実施する住宅ローン審査だと、中古物件の新規申し込みに対して高いハードルを設けています。ただし、借り換えでは仕組みが変わり、新規の申し込みに対して審査基準が相当簡単になります。

物件の査定が中古物件のポイントになり、借り入れの希望額に見合う査定額でなければ審査が通らないことが珍しくありません。希望した借り入れ金額と比較して査定額が非常に下回る状況では、減額するよう促されるかもしれません。住宅ローンの借り換えを考えているなら、割合的に自己資金が高くなるようにすると審査をクリアしやすいでしょう。