職業で審査が通らない

職業で審査が通らない

住宅ローンは返済が長期になるため、不安定ではない職業の方が好ましいとされています。住宅ローンの審査にあたっては職業については重要な基準となります。審査は職業によって通らない場合もありますので、あらかじめチェックしておくのが良いでしょう。審査で良い結果が出る職業などのことは、各金融機関で違います。

いずれの金融機関でも、年収の安定性が続くことが条件とされるのは明らかです。それでも、派遣社員や契約社員は特に、審査の対象になることが多いと言われています。なお、アルバイトやパートタイマー、無職ということなら、住宅ローンの審査に通らないことがほとんどでしょう。自営業の人も審査に通らない場合が珍しくないとされています。

サラリーマンなどの給与所得者と比べると、安定した収入が長期で見込めるかという点で低く評価されてしまうのです。住宅ローンの申請に自営業者が臨むケースでは、これまで3年間の確定申告書と納税証明書を求められます。収入が安定していることを裏付けるためのものなので、経営状態に問題がないときに申し込むのが望ましいでしょう。

住宅ローンの審査に通らないことが多いと見られている仕事をしていたとしても、良い方法を模索することで承認を得られる望みが高まるでしょう。貯蓄を行い多くの貯金額を作っておくことや、頭金の割合を多くすることなどは基本的な対策です。

それから、審査を受ける前に片付けられるローンが存在するなら、完済してしまいローン残高を縮小しておきましょう。本当に使うものを残して、あとのクレジットカードの契約は解除し、キャッシング枠を減らすようにするのも良いでしょう。職業の審査基準について、クリアできない可能性が高くても諦めず、対策を練っていきましょう。