融資金額で審査が通らない

融資金額で審査が通らない

住宅ローンにおいて、希望する額では審査が通らないということも珍しくありません。金融機関によって融資可能な金額の上限を決定していますが、大体は5000万円となっています。5000万円以上の融資金額を希望するときには、手持ちの自己資金が多いことが考慮されます。通常であれば、物件の評価額をベースにして融資上限額が決定されます。

物件評価額の8割くらいが融資可能金額に相当すると考えておくと良いでしょう。あとの2割に関しては頭金として充当しないと、住宅ローンの審査には通らない結論が出されるかもしれません。現状では豊富な自己資金のない借り入れ希望者に対して、マックスの評価額で貸し付けをする金融機関も見られます。

ですが、頭金というのは実はことのほか有用なのです。頭金が高いほど借り入れ金額を減らす働きをしますが、これが後から良い影響をもたらします。具体的には物件を処分するときや、住宅ローンの借り換えをするときにも、頭金が助けになります。借り入れ当初は売却や借り換えを考えていなくても、不測の事態が起こらないとも限りません。売却をしたり借り換えを利用するときに、頭金が少ない場合には担保額がローンの残債より低くなってしまう危険があります。

このような場合には、借り換え審査に通過できないことになりますし、物件を売却処分してもローンの残額を自己資金で返済しなくてはなりません。こういった点に目を向けると、住宅ローンには頭金が重要なのがわかります。豊富な頭金を用意するとその分ローンの返済が辛くなくなりますし、変更したい場合にも行いやすいため便利です。長期固定金利で住宅ローンを組みたいと考えているなら、自己資金を最大限集めておきましょう。